フェアレディZ32 エンジン始動不能

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんばんわ
今週も何とか無事終了(;^ω^)

今日は長女と長男の体育祭がありましたので
それを見に行ったり会社に行ったりとバタバタしておりました
なのでやっとブログに行きつけました(;^ω^)
しかし、自分が中学の時に親父が子供の運動会&体育祭を
見に来るなんてことない時代だったのですが

時代の流れですね
今では当たり前のようになってきてます
さすがに大きくなってくると迫力も増してきますね

会社の行ったり来たりでゆっくり見ることもできませんでしたが
最後の選抜リレーだけはじっくり見てきました

僕自身全く短距離は早くはないのですが
子供3人とも必ずリレーの代表に選ばれます(●^o^●)

それも学年トップの足の速さです
勉強のほうもそうであってくれるといいのですが(T_T)

ですが長男坊、アンカーでバトンをうけてトップとの差、約20メートル(;^ω^)
絶対無理だろうと思っていましたが200メートルの周回コース
ゴール直前にトップになりゴール(●^o^●)

やはり子供の活躍はいいものですね
日々成長のなかそろそろ反抗期の時期になりますが
それも成長、いい大人に育ってくれること 祈ってます

 

前置きの長い親ばか話になりましたが今週の一台の紹介です

Z32エンジン始動不能ということで入庫

写真全くとってないのですが

エンジンかからない原因を追究するのにかなり苦労しました

症状としてつい最近までエンジンは問題なくかかっていた
突然かからなくなってしまい

自分が見る前にもいろいろ確認してきた模様ですが

わが社に入庫した時は燃料はOK

スパークプラグから火が飛んだりとばなかったりという症状????

 

そんな症状でしたがまずは一個ずつ原因を探していきます

エンジンかける要素として僕が整備を始めてから言われていたことが

いい圧縮
いい混合気
いい火花の3拍子がそろえばエンジンは始動するとおそわり
どんな修理もそれをもとにいろいろ点検してきました

まずはいい圧縮
本来専用のコンプレッションゲージで確認するものですが
長年の経験でスターター回しただけで問題ないと認識

いい混合気では
まずは燃料圧力の測定
これも問題なし

いい火花という点検で
プラグからの火花を確認
6気筒あるのですがスパークするところもあればなにもならないところも
ある状態???

ということでコンピューターからの信号波形の確認してみます

オシロスコープという機会を使って確認するのすが
人間の目では確認できない信号の周波みたいなものでしょうか
それを確認して各センサーの信号が正確にでているか確認して診断します

この写真は修理完了後の正常な波形になります

異常な波形をわかるようにしたかったのですが
こういった修理になるとかなり集中して作業しているので写真撮るの忘れてました(T_T)

今回のこの車両、クランク角センサーという部品からの
気筒判別する信号(写真の上の波形)に
若干異常が発生していたことによりエンジンが始動できませんでした

これは目では全く確認できないような信号です
こういった修理もこのような道具を使って診断するlことにより
確実な修理ができます

このZ32、クランクセンサーを交換して
無事エンジンもかかり修理完了しました(●^o^●)

こういった修理を完成できた時の達成感は何ともいえないです
日々勉強 、日々努力して
皆さんに間違いない修理の提供をできるように頑張っています

明日はお休みですが子供の野球のお手伝い頑張ってきます
週末は週末で野球で忙しいですが充実しています(●^o^●)

では皆さんよい休日をお過ごしください

 

 

TOTAL CAR SUPPORT

  

471-0815   愛知県豊田市大見町1丁目88番地1

藤 井 自 動 車

TEL 0565-58-5811

E-mail fujiisp@aroma.ocn.ne.jp
HP  http://www.g-fujii.jp

                藤井自動車 HPへ

コメントは受け付けていません。