MR-2  ほぼ全塗装  塗装編   豊田市  板金塗装

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

おはようございます。
板金 担当の黒田です。
今回も 前回の続きのMR-2の板金塗装を紹介します。

前回はバックパネルを取り外してテールランプ、リアバンパー
を仮合わせまでの紹介でした。

仮合わせもバッチリだったので一気に溶接でくっつけていきます。

問題の左クオーターは塗装をはがして過去の事故歴を探りながら
板金を進めていきます。

ついでに細かいへこみキズも直そう。ということになり
フェンダー 、ドア、ロッカーパネル、中古のトランク、リアバンパー
その他 自分の気になったところは全部 直していきます

クオーターはカット交換すれば簡単に終わっていたのに部品がないので
かなり 苦労させられましたが何とか形になって一安心です(;´∀`)。

右クオーターも結局 全面サフェーサーになってしまいました(;^ω^)。

サフェーサーが乾いたら まずはバックパネル裏、トランク裏を塗装します。

次は表面が塗れるようにマスキングをしていきます。
結局  塗らなくてよかったのは ボンネット、フロントバンパー、
右のフェンダーだけでした(^_^;)。

塗装中は神経を凄く使いますが車がどんどん綺麗になっていくので
とても良い 時間です。失敗するとその日は上手く寝れませんが・・・(^^;)。

トラブルも無くなかなか良い感じに仕上がりました(^o^)丿。

続いてばらした部品もしっかり細かいところにも注意をして塗装をしていきます。

しっかり乾燥させたら 磨き作業をします。

後は 板金塗装のために外したビックリするほどの数の部品を間違えないように
組みつけて完成です。

こんな損傷が

こんな感じに仕上がりました。

TOTAL CAR SUPPORT

  

471-0815   愛知県豊田市大見町1丁目88番地1

藤 井 自 動 車

TEL 0565-58-5811

E-mail fujiisp@aroma.ocn.ne.jp
HP  http://www.g-fujii.jp

                藤井自動車 HPへ

コメントは受け付けていません。