ベンツ W220 エンジンかからない 燃料ポンプ交換 アルファード ヒーター効かないなど    

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

おはようございます
あっという間の月末です
今年も残すとこあと1ヶ月となってしまいました
今年は1年がかなり速く感じました
それも仕事 プライベートともに充実していたことがそんな風に思えるのかな??

では
ベンツエンジン始動不能ということで入庫 W220


入庫した時からまず燃料系があやしいなと思っていたので
早速点検
このベンツは燃料ポンプが外付けなので

診断機等でいろいろ確認するより
直接ポンプのダイレクト点検すれば OKなのかNGなのかすぐに判明します

点検結果 案の定NG
電源系統はOK

ということで ポンプ&フィルターの交換で終了

V12エンジンの始動音はいつ聴いてもいいですねーーー(*^_^*)

 

で次は

ちょっと水漏れしてるのと ヒーターが効かないので見てほしいということで

お客様の紹介で入庫したアルファード

入庫 点検時にお客様と話したところ

水漏れしててどれだけ水補充しました?
という回答で 2リットルくらいかなーーーっていう回答

そんだけ水減ってたらさすがにヒーターもきかないですよーーー

なんて簡単な対応で

水漏れ点検の結果 ラジエータ水漏れ
ラジエーター交換したら大丈夫ですよーなんて感じで修理開始

サクサクっとラジエータとりはずし

かなり漏れてました

新品に交換してエア抜きして完了

 

といった感じで終わるだろうと思っていたけど・・・・・・・・・(T_T)

全くヒーターが効かない(^_^;)

このときなぜだーーーという感じでしたのでその後の
点検の記録は写真に収めていなかったけど

いろいろ点検していくうちに
リヤのヒーターは絶好調で効く
フロント部のエアコンのみヒーターがでないといった症状

ある程度見た時点で
フロントのエアミックスサーボの故障が判明

適当な写真しかありませんが
室内のこの奥のへんについている部品

このサーボモーターの故障によって

エアコンの温度設定がMAX COLD 状態に固定されていたため
ヒーターが全く効かなかった

交換後は問題なくヒーターも出るようになったのでよかったですが

簡単な対応でサクサクっと治るだろうみたいな感じで対応したことに
少し反省(^_^;)
といった感じで修理も接客対応も日々勉強だなーーと思った出来事でした

そんなこんなの11月も締め日になりますが
かなりの書類が残っている
間違いなく今日中にはできないので書類整理はあす以降頑張る予定(笑)
では
今日も一日頑張ります

 

 

TOTAL CAR SUPPORT

  

471-0815   愛知県豊田市大見町1丁目88番地1

藤 井 自 動 車

TEL 0565-58-5811

E-mail fujiisp@aroma.ocn.ne.jp
HP  http://www.g-fujii.jp

                藤井自動車 HPへ

コメントは受け付けていません。