セリカ ST162 エンジンオーバーホール 他国産車修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

おはようございます
先週からの飲みすぎ??不調を引きずり 風邪を引いたのか
いまだハスキー声な藤井です(T_T)

セリカ ST162 ヘッドガスケットより水漏れを起こしていたため
年式的にオーバーホールしましょうとお客様と話しあい
少し長い期間お預かりさせていただいた車ですがあと少しで完成です

昨日、無事オーバーホール終えたエンジンを載せ

一発始動(*^_^*)

一発始動は長年整備やってきてもなかなかうれしいものです(笑)

 

今回のオーバーホールはガスケット抜けといっても重症な事ではなかったので
基本 洗浄 洗浄 洗浄 調整 組み付けと言った
オーバーホールになりました

簡単にエンジン脱着分解後の写真で紹介です


腰下 エンジンブロック洗浄前

洗浄後

シリンダヘッド

ここからさらに分解して細かく洗浄

洗浄 修正面研 測定を行いました

ピストンもはずして洗浄 測定 ピストンリングの交換など

雑な写真しか有りませんがはずしたピストンリング

見た目はそんなにと感じましたが

新品と見比べるとやはり張りが違いましたね
新品にしたことによる若返りですね(笑)

エンジンについている細かい部品の分解洗浄 点検

ほんと洗浄、洗浄、洗浄  これがオーバーホールの基本だと思ってます

洗浄後は

組み付け前に

ブロック ヘッド ヘッドカバーをきれいに塗装

ブロックは艶消し耐熱塗装仕上げ

ヘッド&カバーも艶消し耐熱シルバー塗装です

 

きれいになりました

エンジン内部は分解しないとわからないので

外側をきれいにすることにより

しっかりやってる感をアピールです(内部もしっかりやってますよ)

組み付け途中の写真が全くありませんが

エンジンにつく部品も
なるべくきれいにできるものはきれいにして組み付けします

ここで一番気をつけたのが

エンジンハーネスです

写真は有りませんが

車自体がもう少しで30年も経とうかという車なので

分解、組み付け時にハーネスのコネクターを破損しないように慎重に作業させていただきました

エンジンも無事かかり あとは試運転 細かな点検 調整等行い完成です

I様大変長らくお待たせしました

もうすぐ納車できます

 

その他国産車修理

このAE86も車検&クラッチ交換やオイル漏れの修理にて入庫中

セリカが終わったのでやっと作業開始です

こちらのシーマ
走行中後ろのタイヤから異音がするということで入庫

リヤハブベアリングの破損により

かなり激しい音がでてました

それも左右ともNGでした

メインのベアリングはずすのにいろいろ分解

ベアリングはプレスにて打ちかえして復元して完成

交換後は異音もなく快適な車になりました

 

さて 今日も一日頑張ります

 

 

TOTAL CAR SUPPORT

  

471-0815   愛知県豊田市大見町1丁目88番地1

藤 井 自 動 車

TEL 0565-58-5811

E-mail fujiisp@aroma.ocn.ne.jp
HP  http://www.g-fujii.jp

                藤井自動車 HPへ

 

 

 

コメントは受け付けていません。