BMW E60 オイル漏れ修理      豊田市 BMW修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

おはようございます
今日も昨日に引き続き寒い(T_T)

僕の自宅は会社から2.3キロほどのとこにあるんですが
自宅と会社の気温がかなりりがう(^_^;)
もう少しすると自宅ではないですが
会社では霜が降りるほど寒いです

今日も会社の前の温度計は4度
自宅前は6度というほどの気温差
知人やお客さんにも
ここ寒いねーーーーなんてよく言われるほどなんですよ(^_^;)

北国の人にしたら大した事のないことでしょうが
寒いの苦手な僕にはほんとにいやな季節です

 

そんな余談はどうでもいいといわれそうなので本題に(笑)

 

寒くなると増えてくるのが
BMWの修理の定番
オイル漏れの修理での入庫が増えてきます
毎年この時期はブログでも何度か紹介しますが今回も同じように紹介です

 

E60の後期型のエンジンのオイル漏れ修理です

車検入庫でオイル漏れ修理の依頼を受けた車です

今回はオイルエレメントのボディーより漏れがありそちらの修理

エレメントのボディーパッキンを交換なのですが
奥にあるボルトをはずすのに一苦労しました

奥のねじが緩んでいるのわかりますね(*^_^*)
このボルト外すのに後ろの黒いマニホールドが邪魔で道具が入らない

マニホールドはずしたいとこだけど
かなりの作業になってしまいそうなので道具を駆使してとりはずしに成功(*^_^*)

オイル漏れの原因のパッキンを2個交換

 

写真じゃ見にくいですが交換前のパッキンつぶれて

シール効果がなくなっています

特に寒くなるとゴムパッキンなので
かたくなりシール効果がなくなり漏れが大きくなってきます

パッキン交換後組み付け完了ですが
なんでこのようなパッキンなのでしょうか
液体パッキンやガスケットなどにすればもれなくなるのに
なんて、いつもこの時期オイル漏れの修理するたびに感じてます

では今日もかなり寒いようですが頑張っていきましょう

 

TOTAL CAR SUPPORT

  

471-0815   愛知県豊田市大見町1丁目88番地1

藤 井 自 動 車

TEL 0565-58-5811

E-mail fujiisp@aroma.ocn.ne.jp
HP  http://www.g-fujii.jp

                藤井自動車 HPへ

コメントは受け付けていません。